疲れが取れないし背中も痛い、こんな時どうしたらいい?

疲れも取れず背中が痛い時には

背中疲れも取れず背中も痛いというのは、血行が悪くなっていて肩甲骨周辺の筋肉がこっていることが多いです。こんな時には、肩甲骨周辺の筋肉をやわらかくすること。ストレッチやツボを押すのがいいでしょう。軽い運動をして体を動かすのもおすすめです。また、蒸しタオルを使って背中を温めてみましょう。血流がよくなり、背中の痛みもやわらぐはずです。1日同じ姿勢を取り続けていると、肩や背中に痛みが出てくることがあります。パソコンなどを使う際には、1時間おきくらいにストレッチをするように心がけましょう。痛みが緩和されることで疲れも取れてくるでしょう。また、疲労と痛みに効くクエン酸がたくさん入った食べ物などを食べるのもおすすめですよ。

▲ ページのトップへ

ストレッチで血行を良くする

ストレッチ疲れていて背中も痛い場合はまずは体を動かしましょう。背筋を伸ばし、胸を広げて肩甲骨をくっつけるようにします。次は反対。背中を広げるように肩甲骨を広げます。さらに肩を前から後ろ、後ろから前に回します。これを数回繰り返すだけでも背中が軽くなりますよ。また、ゴルフボールやピンポン玉など使ってこりかたまった背中の筋肉を柔らかくしてあげましょう。背中の下にゴルフボールをおいてゴロゴロと転がすだけです。気持ちがいいと感じるポイントは重点的に。でも痛みを我慢するほどやるとあとで余計に痛みが出ることがあるので注意しましょう。

▲ ページのトップへ

疲れと痛みに効く食べ物

梅干し筋肉の疲れや痛みにはクエン酸を多く含む食べ物がおすすめです。グレープフルーツや梅干し、酢などを摂りましょう。また長ネギにはアリシンという成分が含まれていて、これが血行をよくしてくれます。しょうがも体を温めてくれて血行を良くする食べ物ですね。長ネギもしょうがも薬味としてよく使われますね。うどんやそばなどを食べる時にはたくさん入れるようにしましょう。さらに背中が痛い、疲れが取れないと感じたら赤い色の食べ物を。赤味の肉や焼肉などスタミナの出る料理を食べるといいですよ。これらの食事は発汗作用を高め、血行をよくしてくれてこりを改善してくれます。

疲れが取れずにお悩みの方へ

伝承にんにく卵黄疲れが取れずにお悩みの方にキャンペーンのお知らせがあります。もし、何をやってもうまく疲れが取れないという方はこの機会にお求めになってはいかがでしょうか?

今回ご紹介するのは、株式会社サン・プロジェクトが販売している「伝承にんにく卵黄」という粒タイプのサプリメントです。すでに「にんにく卵黄」系のサプリは色々な会社から販売されておりますが、サン・プロジェクトさんの「伝承にんにく卵黄」が他と違うところは、幕末期から続く伝統製法にこだわった手作り製品であるという点です。もともと「にんにく卵黄」は鹿児島の地で生まれ、薩摩藩士が遠征の際に長期保存可能なスタミナ食材として常備していたのが始まりと言われています。その伝統製法を復刻させたところにこの製品の特徴があり、多くの方に親しまれているようです。

すでに100万袋の販売を突破しているということで、これから益々普及しそうな勢いなのですが、今購入するとサプリ用携帯ケースが付いてきますし、もしお気に召さない場合の「全額返金保証」がついているので、他のにんにく卵黄と比較してみたいならこの機会を利用するのが良いと思います。

株式サン・プロジェクトの「伝承にんにく卵黄」を実際に購入された方の感想がこちらの公式ホームページでご覧になれますのでもしよろしければどうぞ。

ということで、今回は「伝承にんにく卵黄」のご紹介でした。ご購入された方で実際に効果があったよーという方はご一報いただけると嬉しいです。あなたの疲労回復を祈っております。

HOME | 疲れが取れない原因はこれだった! | 疲れが取れないし眠い!どうしたらいい? | 疲れが取れないのは何かの病気だから? | 疲れが取れないときにおすすめのサプリメント | 疲れが取れない時におすすめの薬 | 疲れが取れない時にはこんな食事がおすすめ | 疲れが取れないし背中も痛い、こんな時どうしたらいい? | 疲れが取れない時はどんな病院に行くのがいいの? | 疲れが取れないのは肝臓が悪いから? | 疲れが取れないしだるい!どうしたらいい? |

ページのトップへ | リンク集 | プライバシーポリシー | リンクについて | サイトマップ | お問い合わせ |

Copyright (C) 疲れが取れない原因はこれだった! All Rights Reserved.